title_tlab

AROMA + SOUND LAB.

YOKOHAMA

2014.10.

 
アロマセラピーや音楽療法をはじめとしたホリスティック医療研究所。未病など、さまざまな症状や疾患への新しい治療法の可能性の確立を模索する研究機関である。コンセプトであるラボのイメージを直感的に感じられるように、施設全体をハニカム形状で構成している。音響機器で用いられるハニカムシャーシや、医療分野における元素記号の構成からインスピレーションし、通路や、廊下を持たず、ハニカムが連続的にどこまでも広がっていくイメージをそのまま空間全体に表現した。サインには、音響から連想されるイコライザーをモチーフに、癒しなどの心理的要素を感じられるカラーリングとし、洗練された中に、アイキャッチとなるルームナンバー、オリジナルのピクトグラムが明解な導線を生み出している。どこまでも広がり、つながりを感じるハニカムの連続性が、可能性の確立を模索する施設の意思そのものとリンクする空間となっている。

 
“T-LAB.” is an institute that explores various areas of holistic medicine such as aromatherapy and music therapy.The main objective is to establish possibilities for new treatments of various symptoms and disorders in integrated care.The basis for the design concept is the honeycomb.The whole space is constructed in the shape of a honeycomb to intuitively convey the image of the laboratory. The design was inspired by “honeycomb chassis,” which are used for audio systems and for illustrating chemical symbols in the medical field.The designer, Yasuhiro Sone, noted the image expresses as if the honeycomb spread out continuously in the entire space.Moreover, he planned the space such that it does not use corridors to express the continuity.In this sophisticated space, he designed signs that use an equalizer motif inspired by sound.He also used a color tone that carries a psychical healing effect. Moreover, the room number signs are eye catchy and make use of original pictograms, which help people to navigate smoothly through the space. The honeycomb represents the continuity spread throughout the space and a feeling of connection. This design is linked with the aim of the facility, which is to explore possibilities.
 

SDA AWARD 2015 <日本サインデザイン賞> 入選
所在地 神奈川県横浜市
竣 工 2014年10月
撮 影 ナカサアンドパートナーズ