title_tokyo bay

SCHOOL

TOKYO

2007.03.

バンタンデザイン研究所の東京ベイ校の改修計画。既存の建物は全体に45°振られた構成となっている。この幾何学的要素に逆らわず、全体に教室や各スペースの役割を担うBOXをずらしながら配置している。それにより生じる隙間が空間全体に奥行きを与え、通路や各所は、空間の奥へ奥へと流れるような構成としている。

This project is a renovation of the design school.From a bird’s-eye view, the existing building is constructed at an angle of 45° with walls inclined at the same angle in the front and rear.The designer planned spaces for uses such as classrooms and reception. In line with this geometric building, these spaces are built at the same angle as the building. Therefore, this school includes “blank spaces,” which are used as corridors and inviting spaces to draw people into the depth of the building.

所在地 東京都港区芝浦
施 工 株式会社 大 誠
撮 影 田辺 陽一
竣 工 2007年3月