BUILDING ENTRANCE

YOKOHAMA

2006.12.


 
横浜市にあるテナントビルのファサード、奥へ続く居抜きのショップの改修計画。コンセプトはドロップ(雫)。繁華街に位置する場所の中で、あえて時間の流れを感じさせない空間をつくれないかと考えました。ビルの地下へ降りるアプローチは、水面へしたたり落ちた雫が深海へと深く深く沁み渡っていく様子を表現しています。通りの喧噪の時間の流れが、このビルへ入るとふと止まったかのように感じる空間をつくることで、新たなファサードのあり方を考えました。
 

所在地 横浜市
施 工 外装:株式会社 渡辺組
内装:株式会社 サイアート
撮 影 大内 克志
竣 工 2006年12月